*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
おっきなしあわせ
4b05b0b3d33b39344317_390301858s.jpg

笑ってる?
幸せそうな顔しちゃって。

隣には、きゅう太郎君が居て、たかチャンも、かっチャンも、こゆチャンも はちべも居てくれて嬉しいね。

ほら。たまおも、横に座って見守ってくれているよ。

抱いて撫でなくても その幸せそうな顔を見てわかりました。

「逝ってしまったんだな」

って。

本当に これまでにないくらいな幸せそうな顔をしていました。

夕飯の支度をしに 少しの間、席を外して部屋に戻って来たときの出来事でした。

その あまりにも幸せそうな顔を見たら、

「これが、おお次郎が一番 望んでいたことだよね。
大好きなみんなと一緒に居るのが一番の幸せだったんだものね」

そう、思いました。

一人になるのが嫌だった。誰かと一緒に居たかった。
そうだったよね。

私は その瞬間を抱っこして撫でて見送ってあげる事は出来なかったけど、
他の子たちが、みんなで傍に寝ていてくれました。

「お母さんは泣いて引きとめるだろうから、僕 お母さんが居ないうちに逝くよ」

そうも思ったのかもしれません。

4b05b30ae811815993668_2894199141s.jpg


おお次郎は 9月29日に入院先の病院から自宅に戻って来て その後、自宅で介護していました。
病院では、とにかく看護婦さん達に甘えたくて甘えたくて、顔を見ると起きてきてしまうくらいで、
安静にさせるため、そして、余命わずかであるとの事も踏まえ、自宅に戻って来ました。



自宅では、

「ご飯をモリモリ食べて病気なんか ふっ飛ばしちゃえ」

そんな母の言葉に答えてくれるかのように、退院した日と次の日は、良く食べてくれていました。
先生からプレゼントされた漢方薬も飲んでいました。

が、次の日、朝から、きゅう太郎が傍を離れません。
しきりに顔を舐めてあげています。
嫌な予感はありました。
覚悟もしているつもりでした。
でも、本当は、まだ現実を受け入れられずにいました。
そんな中での急な旅立ち。

覚悟はしていたつもりだった。
でも、どこかで奇跡を信じていた。
覚悟はしていた。
でも、でも、でも、心の準備は出来ていなかった。
その瞬間が近づいているのが 経験からわかっているからこそ、
この腕に抱いた感触 そして手に撫でた感触を いつまでも、覚えていようと何度も何度も撫でた。


正直、今でも、受け入れられていない自分がいます。
病気になったことも。そして、あんなに大きかった子が小さな壷に入ってしまったことも。
毎日毎日、考えたくなくって、日中は、とにかく動いて思い出さないようにして、
眠くなるまで動いて。
何も考える間も無く寝る。
そんな日が続いていました。

でも、ある晩、まる婆さんのお散歩に次男を連れて行った時、
次男が言いました。

「お母さん、お星様が綺麗だね。あの一番、光っているのが、きっとで、
おお次郎クンなんだろうね」

と。

「うん?どれ?そうだね。あの星が おお次郎クンの星だね」

そう云いながら涙が次から次へと頬を伝ってくるのがわかりました。

可愛かったなぁ。おおじろう。
いい子だったなぁ。おおじろう。
大好きだったよ。おおじろう。
白髪になるまで長生きしてくれるって思っていたのにな。
急に居なくなるのはルール違反だよ。
心に こんなに大きな穴が ぽっかり開いちゃったじゃないか。

4b05b2127ce1719644350_3768128108s.jpg

4b05b21d31b0e19644350_824950466s.jpg

そういえば、以前 とある方から頂いたメールに、こんな内容の事が書かれていました。

(その方は まだ死を経験した事がないようでした)

「私は、自分の家の子の最後を看取ることなんか辛くて出来ません。
いちさんは、何匹も看取ってあげれて強いですね。
そして、その後も大勢の子の世話が出来て強いですね」

正直、「何にもわかっちゃいないくせに」
そう思いました。
強くなんかない。鉄の女じゃない。
心がないみたいで本当に辛い内容でした。
正直、泣きたくて泣きたくて大きな声で泣きたい時もある。
でも、泣く前に 他の子の心のケアをしなければならない。
仲間が亡くなって、一番辛いのは、私ではなく 他の子たちのはず。
みんなは違うのだろうか・・?


動物って何なんだろう?どんな存在なんだろう?と ふと思う時がある。
私にとっての家族(人間も動物も)は 己の身体の一部であって、
全てが揃っているからこそ、元気で居られる自分がいる。
でも、その一部が抜け落ちると 抜け落ちた一部に慣れるのに
時間が掛かる自分が居る。
今は その抜け落ちた部分に慣れようと必死になっている自分がいるのがわかる。
それに慣れるのは いつなんだろうか。
今は見当もつかないけれど、
それでも、やっぱり前に向って歩いて行かなくっちゃいけないんだよね・・。

でも、時々は、お便所掃除しながら、こっそり涙も流しちゃうだろうし、
鼻水も出ちゃうだろうけど、
可愛い子たち許してね。

1532728_3524364500s.jpg

おお次郎くんへ。

5歳のお誕生日おめでとう。
空の上で あきチャン、そして、むーたん。先代のお兄ちゃん、お姉ちゃんに
祝ってもらったかな。

でもね・・。
お母さんは、本当は、お家で きゅうチャンとか どろんぱ君たちと、一緒に祝ってあげたかったよ。

お部屋の中は相変わらず毎日 賑やかだけど、やっぱり おお次郎が居ないのはさみしい。
ケージの中に 居ないのは寂しい。
お日様のあたる場所で へそ天で寝ていた おお次郎がいないのはさみしい。

うちの子になって、4年9ヶ月。
太陽のような ひまわりのような大らかな子だったね。
いつも元気でキャラクター豊かで いつも みんなを笑わせていたよね。
居るだけで、その周りが暖かい空気で包まれるような子だったよね。
その大きな目を いつも、キョロキョロと動かし、
部屋の中を走り回っていたよね。
でも、その大きな目が 実は、出目だったのは、お母さんと おお次郎クンの秘密だよ。



空に旅立つには、まだまだ早い年齢だったけれど。
短い生涯だったけれど、
お母さんは、おお次郎と出会えて良かったよ。
あの寒い日、実家のママの腕に抱っこされて連れてこられた時の
顔 今でも、お母さん 覚えているよ。
忘れないよ、これからも。

おっきな幸せをありがとう。
おっきな笑いをありがとう。
そして、おっきなお腹で癒してくれてありがとう。

心の中から、そう思えるには まだまだ時間が掛かりそうだけど、
庭に植えた黄色コスモスの株が一回り大きくなって また満開になった頃、
その花の下で 優しい風に乗って遊びにきた あなたに会えるのを楽しみにしています。


おお次郎、2009年10月1日、空に旅立つ。
享年 4歳11ヶ月。

9344317_638862752s.jpg




Secret
(非公開コメント受付中)

ホームページも見てね
http://ichis-dream-place.com/
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
いち♪
人間5人+毛皮族二桁のお世話係り。 一人で 母、婆、妻、嫁、の4役をこなす。 おんぶ猫多数のため。、背中の生傷は年中 絶えることなく、また痛む足腰のため、湿布が友達。 極度の冷え性のため、養命酒が命である。 唯一の楽しみは溜まった疲れを癒すための温泉通いで200円のマッサージにモミモミしてもらうこと。 好きな言葉は 「明日にゃ明日の風が吹く」と言うお気楽B型人間

いち♪

Author:いち♪

まる
我が家の動物の長であるチョコ×ホワイトのハスキー犬のお嬢様。 1994年10月27日 九州は福岡の筑紫野にて産声をあげる。 顔は怖いが性格は至って能天気の番犬にならない犬。 天気の良い日は玄関で へそ天で寝るのが趣味。 実は餅とイケメンな男が好きである。 只今、陽気な介護生活満喫中なり♪ 2010年9月28日 虹の橋を渡り空の門番に昇格 しました
アグネス
2011年1月15日生まれの英国ゴールデンのお嬢様。 常に行動はハイテンションなハイパー娘。 でも、誰にも優しいお嬢様。 特技は「ハイタッチ」。毎日のお仕事は新聞運びだが、一部ヨダレにより濡れていること多々。 2014年春 ママになりました。
百福(ももふく)
2014年4月30日生まれの英国ゴールデン。 アグネスの次男。 体は大きいけど、まったりとした呑気な性格のお坊ちゃま。 常に寝相は 大胆。イビキも おならも でっかい。気にいらない事があると、文句ブーブー言うお坊ちゃま。
蘭(らん)
2014年4月30日生まれの英国ゴールデンのお嬢様。 アグネスの長女。 小悪魔的な魅力で日々を過ごしているので、今だママから厳しい制裁を受けること多々。 ギュっと詰まったボデイには、はじけきったパワーが詰まっています。
陽(はる)
最近の記事
最近のコメント
blogランキング
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリー
いたち十か条
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

気づいてほしい
遊びにきてくれてありがとう
たまお
2007年7月末、空から降ってきた(仮称)猫。 その後、「お世話になったお礼」と言わんばかりの子沢山のおやぢになったのは良いが 実は我が家で一番の へたれ の甘えん坊で、おんぶ猫でもある。 子供には甘甘おやぢで暇さえあれば付きまとっている。
みけ
2007年6月上旬に 保護し、その後、我が家の家族となり、2008年5月にママになりました。 陽気で世話好きな性格で、今や自分より大きくなった子供ですが、相変わらずの世話っぷりな毎日。 ちなみに、妊娠末期の体重より今の体重の方が重いことは内緒らしい。
茶太郎
たまおとみけの長男。2008年5月18日生まれ。 「お兄ちゃん」そう呼ばれて育ったせいか、喧嘩の仲裁に入るなど家族のまとめ役の頼もしい存在である。 実は妹のトメチャンが大好きである。
松子
たまおとみけの長女。2008年5月18日生まれ。 面構えはすごいが、女の子らしい大人しい子。 好き嫌いが はっきりとしていて、自分の好きな人に抱っこされると蕩けすぎて お尻から、「嬉シャー」をするのが難点である。
石松
たまおとみけの次男。2008年5月18日生まれ。 生後2ヶ月までは、普通の猫だったが、ある日 突然、メキメキと成長し、ずっしり重いモサ毛猫になってしまった奴。 性格は、大人しいが、家族の中で一番、賢い。 特技は へそ天 で寝ること。
とめこ
たまおとみけの次女。2008年5月18日生まれ。 生まれた時、あまりに たまおおやぢに そっくりで一目で名前がなぜか「トメチャン」と付いた子。 グレー×白の綺麗な毛をしているが、尻尾の骨が複雑すぎる子である。
小次郎(こじクン)
たまおとみけの三男。2008年5月18日生まれ。 みけの出産の時、三女が生まれてから、1時間後に やっとで誕生してきたのんびりやさん。 性格は 生まれた時そのままの おっとりまったりサン。ボデイは少し豊満な僕チャン。 赤ちゃんの猫が大好きである。
ちびたま
たまおとみけの四男。2008年5月18日生まれ。 末っ子なのに、何にでも首を突っ込むので 別名「ちょびたま」と呼ばれているが、 子供の中では、一番の甘えん坊で一番最後まで ママのおっぱいを飲んでいた僕チャン。
とら
2007年6月上旬。ミケと共に保護した子。ミケとは姉妹。 2008年5月25日に 帝王切開により7匹のお子を産む。 大人しくシャイな子である。 いつまでも子離れしないミケとは逆に ドライな母である。 時々、ミケと体重の事で揉めているらしい(仮想)
りく
たまおととらの子。2008年5月25日生まれ。 同じ茶トラの兄弟の そら とは見分けもつかないくらい良く似ているが、 良くみると、耳の中に謎のキノコが生えている。 性格は、優しく大人しく、子供が大好きである。
うみ(う~タン)
たまおととらの子。2008年5月25日生まれ。 茶トラ軍団の中で少し薄めの茶トラである。 顔は、少し ぽっちゃりしていて、中々のイケメンな猫である(婆馬鹿) 性格は、少し神経質であるのが たまに傷。
みどり(み~クン)
たまおととらの子。2008年5月25日生まれ。 体格は母トラに そっくりの豊満体型である。 おっとりまったりしすぎているので、時々、走っている姿を見かけると、拍手したくなる。 でも、意外と ずうずうしい面もある。 おんぶ猫であるが、おぶさり方がヘタである。
そら
たまおととらの子。2008年5月25日生まれ。 兄弟の りくとは うりふたつである。 夜、婆と一緒の布団に入り、甘えたくなると指を舐める癖がある。 大人しく 子供が大好きである。
カール(か~クン)
たまおととらの子。2008年5月25日生まれ。 綺麗なロン毛の茶とら猫。 少し神経質だが、甘え始めると しつこいのが難点。 窓から外を眺めるのが大好きである。
小梅
たまおととらの子。2008年5月25日生まれ。 女の子らしい小さな猫・・でも体重は一丁並み(・Θ・;)アセアセ… 性格は母に似ず、ミケママに似たのか 非常に世話好きである。
福(ふく)
2010年3月28日生まれ(推定)。 我が家の裏の車庫の中にあった箱の中に野良母さんによって産み落とされる。 その後、乳婆によって育てられる。 兄弟の 「ぷく」とは 風神雷神コンビの風神にあたる。 「ご飯は みんな僕のもの♪」をモットウにしている食いしん坊。 猫なのに、グレムリンに似ている。ちなみに、頭のカットは お猿さんカットである。
福゜(ぷく)
2010年3月28日生まれ(推定)。 我が家の裏の車庫の中にあった箱の中に野良母さんによって産み落とされる。 その後、乳婆によって育てられる。 兄弟の 「ふく」とは 風神雷神コンビの雷神にあたる。 天真爛漫の我がまま小僧で、怖いもの知らず。家族からは「ヤンキー」と 呼ばれているが・・実は、すごい甘ったれ小僧である。