*All archives* |  *Admin*

2009/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20年は でえじょうぶ。だそうだ。
おばぁ(婆さま) が また 倒れました。
昨年の12月の19日の夕方の事でした。

吐き気と共に目眩を訴えました。
その後、横になり、どうにか落ち着いたのですが、
夜9時半頃、汚れたモノを片付けてあげながら、

「どうする?もし、何なら病院に行こうか?」

そう声を掛けました。

「う~ん。そうだね・・。心配だから、行ってみようかね」

との返事。

正直、「うげッ。今から病院に行くのかよげっそり」とも思いましたが、
とりあえず、病院に電話すると、
今日は救急指定じゃないから空いているから、すぐに診てくれるとの事で、10時過ぎに病院に手(パー)

先月(11月)に大動脈解離で入院していたことを告げてあったので、すぐに検査をしてくれました。
すると・・・すると・・また、また、大動脈解離でした。
そうつまり再発ですげっそりげっそり
しかも、前回は心臓から下に向っての解離のB型だったのですが、
今回は心臓に向っているA型解離でした泣き顔

B型の場合は内科的治療の上、安静を保つ治療になるのですが、
A型の場合、心臓に向って解離が始まっている為、そんな事は言ってられません。
このまま、ほっておけば、いずれ心臓破裂になるでしょうとの事。
心臓破裂になれば、いくらICUに居ても、隣の手術室まで持たないとの事。
そして、A型の場合、1時間に1%の人が命を落とすのだという説明が医師からありました。

古い人では、石原の裕チャン。
新しい人(ではないかも)では、カトチャンが この手術をし生還しています


おばぁ は すぐにICUに入り、あちこち管が取り付けられました。
その後、おばぁ を見舞い、迎えに来た旦那の車で帰途に着いた時 時間は深夜2時を回っていました。

次の日 朝7時から、再度、主治医からの説明がありました。
この先生には、前回の解離の時にもお世話になりました。
ちなみに、中年ですが、イケメンな先生です。
どうやら慶応ボーイらしいです←関係ないだろッ

今の状態が どんなであるか。助かる道の手術についての説明がありました。
手術の際の死亡率は15~20%くらい。でも 年齢+喘息の持病の分、プラスアルファのリスクを伴うこと。
ただ、今の状態は予断できない状況である事。
あとは、ご家族で決めてくださいとの事。

黙って話しを聞いている旦那。
その時、先生の言った言葉。何げない言葉だったけれど、
「私達スタッフは ここに来る患者さん、皆さんに元気になって貰いたいと思っています」
その言葉を聞いた時、思わず
「手術してあげてください」
そう言っていました。

旦那は 「そんなに早く決めなくても」
そう云ったけど、早けりゃ早いに越したことは無い。
どんなリスクが合ったって、生命に関わるのなら、手術はしなくてはならないのだから。
よって、様態安定を待って手術する事になりました手(チョキ)

そして、手術は25日に決まりましたが、意識は朦朧としているし、人口呼吸器はしているし、
あちこち管だらけだし、
「手術の選択は間違っていたのだろうか」
おばぁ を見るたびに そんな事を考えていました。

それと同時に もし、亡くなってしまった場合の事も考えなくてはなりません。
そう。家の片付けです。
親戚が遠方に多いので、揃って泊まりになる事は確実です。
思い起こせば お爺の葬式の時には、20人くらい泊まった記憶が。
「お前は 俺の親を勝手に殺すのか」
そう旦那は ブツブツ言っていましたが、そんな事は関係ない手(パー)
とにかく一部屋でも開けなければ。
鼬ファミリーはいいけど、問題は 仏壇前に いつも寝ている まる婆さんだ。
二階で飛びまわっている猫ファミリーだ。
と、この方たちは 日頃、お世話になっている動物病院の先生に 万が一の時には
預かってもらうことになりました。


そして手術の前日、駆け付けてくれた地元の鼬サークルの友達に励まされ、
手術の成功を祈って前祝(?)

そして、ついにやって来ました。手術当日手(パー)
おばぁ は午前11時に先生と看護婦さんたちと共に手術室に入って行きました手(グー)手(グー)
長い長い一日の始まりです。
後は成功を祈るだけです。

ちなみに 待機中 手術室横の待機室で 嫁が 綾小路きみまろの本を読んで
笑っていたのは内緒です。

手術は 大動脈の上部と弓部の血管を人口血管に置換するんだけど、
その間、人口心肺装置を使って 心臓を2時間半止める大手術。
当然、大出血に備えて血液も通常の2倍の量を用意してあるとの事。
そう、まさしく「医龍の世界」


そして、午後9時半。長い長い手術が終わり、
お付き(医師、看護師、臨床工学士)を10人ほど引き連れて おばぁ は手術室から出て来ました手(チョキ)
人口心肺によって、体中が だるまさん宜しく如く浮腫んでいます。
そして、おしっこも出ていないため、すぐに透析開始。

執刀医(主治医)からは 手術の成功を告げらましたが、
これから高い頻度で起こるであろう合併症の話などを聞き、48時間は安心できないとの
説明を受け、帰宅しました。

帰宅すると、自宅でケーキが待っていました。
そう、その日はクリスマスでした。
「クリスマスどころじゃなかっただろうから」
と友人が子供達に持ってきてくれたケーキでした。

その後、おばぁ は意識が朦朧としながらも、少しづつ、本当に少しづつ回復に向かいました。
運良く合併症もありませんでした。
頭の中も正常、手足も動きます。出なかったおしっこも少しづつ出始めました。
体の浮腫みも少しづつ取れ、めちゃくちゃだった血液検査の数値も安定し始めました。


そして 手術後、心電図、血圧、酸素飽和などのモニターの他にドレーンを6個も背負っていたんだけど、
それも、少しづつ取れ始めた頃、今度は、術後せん妄により、おかしなことを発し、

ある日、旦那が見舞いに行った時には
「魚をさばいているからどいて」と言われ
帰り際には 「豆腐一丁手(パー)」そう言われたそうな。
いったい何だったのだろうかげっそり

そして、長男は ある日 「素麺 茹でて」
そう言われたそうな。

そして、嫁の私には、「インスタントラーメン作って」
そう言いました。
って、食べることばっかりだよ・・おばぁ・・冷や汗

と、その後も、少しづつ回復し、実に1ヶ月ぶりに ICUから一般病棟に移ることになりました。

そして、その後、ICUでお世話になった看護婦さんに聞いた話によると、
今回、おばぁ にやった手術によって あと20年は長生き出来るそうな。


う~ん。嫁としては、喜んでいいのか。複雑な心境ですわあせあせ


ちなみに、我が家の おばぁ 84歳の誕生日まで あと2ヶ月手(チョキ)
スポンサーサイト
ホームページも見てね
http://ichis-dream-place.com/
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
いち♪
人間5人+毛皮族二桁のお世話係り。 一人で 母、婆、妻、嫁、の4役をこなす。 おんぶ猫多数のため。、背中の生傷は年中 絶えることなく、また痛む足腰のため、湿布が友達。 極度の冷え性のため、養命酒が命である。 唯一の楽しみは溜まった疲れを癒すための温泉通いで200円のマッサージにモミモミしてもらうこと。 好きな言葉は 「明日にゃ明日の風が吹く」と言うお気楽B型人間

いち♪

Author:いち♪

まる
我が家の動物の長であるチョコ×ホワイトのハスキー犬のお嬢様。 1994年10月27日 九州は福岡の筑紫野にて産声をあげる。 顔は怖いが性格は至って能天気の番犬にならない犬。 天気の良い日は玄関で へそ天で寝るのが趣味。 実は餅とイケメンな男が好きである。 只今、陽気な介護生活満喫中なり♪ 2010年9月28日 虹の橋を渡り空の門番に昇格 しました
アグネス
2011年1月15日生まれの英国ゴールデンのお嬢様。 常に行動はハイテンションなハイパー娘。 でも、誰にも優しいお嬢様。 特技は「ハイタッチ」。毎日のお仕事は新聞運びだが、一部ヨダレにより濡れていること多々。 2014年春 ママになりました。
百福(ももふく)
2014年4月30日生まれの英国ゴールデン。 アグネスの次男。 体は大きいけど、まったりとした呑気な性格のお坊ちゃま。 常に寝相は 大胆。イビキも おならも でっかい。気にいらない事があると、文句ブーブー言うお坊ちゃま。
蘭(らん)
2014年4月30日生まれの英国ゴールデンのお嬢様。 アグネスの長女。 小悪魔的な魅力で日々を過ごしているので、今だママから厳しい制裁を受けること多々。 ギュっと詰まったボデイには、はじけきったパワーが詰まっています。
陽(はる)
最近の記事
最近のコメント
blogランキング
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリー
いたち十か条
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

気づいてほしい
遊びにきてくれてありがとう
たまお
2007年7月末、空から降ってきた(仮称)猫。 その後、「お世話になったお礼」と言わんばかりの子沢山のおやぢになったのは良いが 実は我が家で一番の へたれ の甘えん坊で、おんぶ猫でもある。 子供には甘甘おやぢで暇さえあれば付きまとっている。
みけ
2007年6月上旬に 保護し、その後、我が家の家族となり、2008年5月にママになりました。 陽気で世話好きな性格で、今や自分より大きくなった子供ですが、相変わらずの世話っぷりな毎日。 ちなみに、妊娠末期の体重より今の体重の方が重いことは内緒らしい。
茶太郎
たまおとみけの長男。2008年5月18日生まれ。 「お兄ちゃん」そう呼ばれて育ったせいか、喧嘩の仲裁に入るなど家族のまとめ役の頼もしい存在である。 実は妹のトメチャンが大好きである。
松子
たまおとみけの長女。2008年5月18日生まれ。 面構えはすごいが、女の子らしい大人しい子。 好き嫌いが はっきりとしていて、自分の好きな人に抱っこされると蕩けすぎて お尻から、「嬉シャー」をするのが難点である。
石松
たまおとみけの次男。2008年5月18日生まれ。 生後2ヶ月までは、普通の猫だったが、ある日 突然、メキメキと成長し、ずっしり重いモサ毛猫になってしまった奴。 性格は、大人しいが、家族の中で一番、賢い。 特技は へそ天 で寝ること。
とめこ
たまおとみけの次女。2008年5月18日生まれ。 生まれた時、あまりに たまおおやぢに そっくりで一目で名前がなぜか「トメチャン」と付いた子。 グレー×白の綺麗な毛をしているが、尻尾の骨が複雑すぎる子である。
小次郎(こじクン)
たまおとみけの三男。2008年5月18日生まれ。 みけの出産の時、三女が生まれてから、1時間後に やっとで誕生してきたのんびりやさん。 性格は 生まれた時そのままの おっとりまったりサン。ボデイは少し豊満な僕チャン。 赤ちゃんの猫が大好きである。
ちびたま
たまおとみけの四男。2008年5月18日生まれ。 末っ子なのに、何にでも首を突っ込むので 別名「ちょびたま」と呼ばれているが、 子供の中では、一番の甘えん坊で一番最後まで ママのおっぱいを飲んでいた僕チャン。
とら
2007年6月上旬。ミケと共に保護した子。ミケとは姉妹。 2008年5月25日に 帝王切開により7匹のお子を産む。 大人しくシャイな子である。 いつまでも子離れしないミケとは逆に ドライな母である。 時々、ミケと体重の事で揉めているらしい(仮想)
りく
たまおととらの子。2008年5月25日生まれ。 同じ茶トラの兄弟の そら とは見分けもつかないくらい良く似ているが、 良くみると、耳の中に謎のキノコが生えている。 性格は、優しく大人しく、子供が大好きである。
うみ(う~タン)
たまおととらの子。2008年5月25日生まれ。 茶トラ軍団の中で少し薄めの茶トラである。 顔は、少し ぽっちゃりしていて、中々のイケメンな猫である(婆馬鹿) 性格は、少し神経質であるのが たまに傷。
みどり(み~クン)
たまおととらの子。2008年5月25日生まれ。 体格は母トラに そっくりの豊満体型である。 おっとりまったりしすぎているので、時々、走っている姿を見かけると、拍手したくなる。 でも、意外と ずうずうしい面もある。 おんぶ猫であるが、おぶさり方がヘタである。
そら
たまおととらの子。2008年5月25日生まれ。 兄弟の りくとは うりふたつである。 夜、婆と一緒の布団に入り、甘えたくなると指を舐める癖がある。 大人しく 子供が大好きである。
カール(か~クン)
たまおととらの子。2008年5月25日生まれ。 綺麗なロン毛の茶とら猫。 少し神経質だが、甘え始めると しつこいのが難点。 窓から外を眺めるのが大好きである。
小梅
たまおととらの子。2008年5月25日生まれ。 女の子らしい小さな猫・・でも体重は一丁並み(・Θ・;)アセアセ… 性格は母に似ず、ミケママに似たのか 非常に世話好きである。
福(ふく)
2010年3月28日生まれ(推定)。 我が家の裏の車庫の中にあった箱の中に野良母さんによって産み落とされる。 その後、乳婆によって育てられる。 兄弟の 「ぷく」とは 風神雷神コンビの風神にあたる。 「ご飯は みんな僕のもの♪」をモットウにしている食いしん坊。 猫なのに、グレムリンに似ている。ちなみに、頭のカットは お猿さんカットである。
福゜(ぷく)
2010年3月28日生まれ(推定)。 我が家の裏の車庫の中にあった箱の中に野良母さんによって産み落とされる。 その後、乳婆によって育てられる。 兄弟の 「ふく」とは 風神雷神コンビの雷神にあたる。 天真爛漫の我がまま小僧で、怖いもの知らず。家族からは「ヤンキー」と 呼ばれているが・・実は、すごい甘ったれ小僧である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。